2000年10月
緊急入院

おかにゃんが入院した。検査即入院だった。
娘時代に盲腸で入院した事はあるものの、この歳まで大病などした事も無かった おかにゃんなのに…入院初日、家族は何時までも付いていはいけないのに、V-shan はずっとおかにゃんの傍にいた。

夜の面会時間も過ぎて病院を後にしたV-shanは、家に帰っていっぱい泣いた。
翌日からは泣いてなぞいられないので、涙が枯れるまで泣いた。

ペンペンマークが目印のこの病院に、おかにゃんは 以後 3回 入退院を繰り返す事となる。

V-shan はバイト後、おかにゃんの元に日参した。
後の2回の入院では、ずっと付き添った。

以来10カ月。
V-shan は、知らなかったおかにゃんの 色んな面を発見する。

シューメーチャンが、アタフタと 病室にやって来た。 開口一番、「ふやんじも癌。 V-shan も! そして今度は、まさかのおかにゃんまで癌! まだ、発症していないのは、俺だけジャン!」 と 超あせりまくる。 それを聞いていておかにゃんとV-shan 思わず顔を見合わせて、にたぁ〜。 フフフ、この病気、かかってしまった方が 勝ちよ!
だけど シューメーチャン、安心しな! あんたは、天塩オジジの血を色濃く 受け継いでいるから大丈V! シューメーチャンは、一族の中で最も長寿で、ひ孫の命名をしてから、大往生する事でしょう。

おかにゃんの入院のために、V-shan は前開きのネグリジェを 3枚買って、小柄なおかにゃん用に丈をつめた。 緊急入院で 取る物もとりあえず…という感じの時だっただけに、今となっては 一体何時 ネグリジェを買いに走り、何時の間に 丈をつめたのか トンと思い出せないのだが、それでも入院中 顔色を悪くするような色は避け、ピンクを1枚入れた。 おかにゃんには初めての色だったけれど、色白の顔に良く似合って見えた。  
でも、ずっと後になって、『赤いのなんか大っ嫌い!』と云ってるおかにゃんを見て、大いに苦笑してしまった。

検査入院だったので、すぐに絶食が始まった。 食道を検査する為だ。  しかし絶食というのはいつも思うのだが、入院患者にとっては “両羽の刃” だ。 これ以上 体力消耗してはならないのに、絶食によってあっという間にやせ衰えてしまう。 体力無い時の絶食は、ほんとに取り返しがつかないものなのだ。 それでも、検査のためには致し方ないとすると、現代医学は進んでいそうで、まだまだ、と言うしかない。 おかにゃんのみならず、ふやんじ もこの入院後の絶食で 見る影も無く やせ細ってしまった。