私は、読書が好きです。

 歩いて15分位の所に図書館があるので、読む本の99.999%は、ここでまかなっています。
有難い限りです。以前四半世紀も住んでいた地では、図書館が遠くて、一度利用しただけでした。
当地は税収の少ない貧乏都市なのに、私は大いに恩恵にあずかっています。
それに、市内の何箇所かに分館があり、市民は近くの分館へ行けばOKです。

 また、「リクエスト」という制度があって、図書館に無い読みたい本も申請すれば手に入りますし、
新刊の場合は自分で買って読むのと同様、真新しいのを手にする事も出来るのです。
これは、ちょっと感激ものです。

 さて、前書きが長くなりましたが、このページでは私が読んだ本について、勝手気ままな感想
を披露したいと思っています。

 採りあげる作品は90%以上洋物です。
日本の小説は年に1〜2冊しか読みません。映画もそうですが、幼少のミギリより西洋志向で
こればかりは「三つ子の魂百まで」のようです。

 これから採りあげる予定の物は次のような物であります。
    
   ・ ヤンネ、ぼくの友だち    ペーテル・ポール     徳間書店
   ・ クレイジー           ベンヤミン・レーベルト 文藝春秋
   ・ ジャン・フィリップ・トゥーサンの作品          集英社
   ・ 穴掘り公爵          ミック・ジャクソン     新潮社
   ・ エルベ・ギベールの作品
       その他、思いつくままに。

 さて、せっかくですからこれから、独りよがりの書評を始めます。
文体が、ですます調から、である調に突如変わりますが、ご容赦!



 




   お気に入り

 「ヤンネ、ぼくの友だち  ペーテル・ポール            徳間書店
  「 クレイジー 」      ベンヤミン・レーベルト       文藝春秋


  この2冊が、今現在(2002年 1 月)の私のベスト2冊である。
          
 前者は、12歳のスウェーデン少年の、友情と秘密の哀しくも切ない恋物語。
後者は、16歳の現代ドイツ高校生の、みずみずしさに溢れた自伝的小説。

 「クレイジー」の方は, ドイツは勿論のこと、アメリカなどでもベストセラーになっ
た、と聞いているのでご存知の方も多いと思うが、「ヤンネ、・・・」の方は、これ
がまあ!児童文学の扱いになっている為、知っている大人はそれ程多くは無
いと思うし、また、この本を知っている子供がいたとしても、レベルは絶対に、
“小学校高学年用”ではさらさらないので、きっちり理解しているキッズもたく
さんいるとは、思えない。

 徳間書店の担当者がこの本を、児童文学のジャンルに入れている事が、私
には理解できない。一般図書としてもっと陽の目を見て然るべき作品である
と信じて疑わない。

 「ヤンネ、ぼくの友だち」は、11〜2歳の子供の口で語られた物語の体裁を
採ってはいるが,実のところそれは、50歳を過ぎた作者の現在の目から見た、
子供時代の回想に他ならず、それゆえ小学生には、今ひとつ難しい内容とな
っている。
 これは、子供の世界と訣別し、一気に大人の世界へとかけあがって行く男
の子の、哀しくも切ない恋物語である。
 これに対し、「クレイジー」は、16歳現役高校生の、つかの間の寄宿学校での
リアルタイム体験談。書き手の若さと柔軟さが、紙面いっぱいに溢れ出た感じ
のする思春期小説。みずみずしい事限りない。

 「クレイジー」に出会うまでの、私のナンバーワンは断然「ヤンネ・・・」だった。
しかし、「クレイジー」に出会いそのみずみずしい感受性にひとたび触れると、
一気にベンヤミンのファンになってしまった。 「ヤンネ・・・」が、子供の語り口で
ありながら、その実 “堅い” 大人の男の感覚であるのに対し、「クレイジー」は
掛け値無しの16の男の子の若さいっぱいの物語だからである。 みずみずしくも、
ナイーブな感覚、ハツラツとした感じは 何としても若い人にはかなわない。
 発売と同時にドイツの同年代の少年少女に圧倒的人気で受け入れられたの
も当然と言えば当然。 若さの前では、あらゆるものがかすむ。

 ただ、優劣をつけるのがここでの目的ではないので、両者比較してもあま
り意味があるとは思えないのだが、どちらがより好きかという、私個人の、超
私的ランキングなので つい較べてしまう。
 そして、この度これを書くにあたり、久しぶりに両者を再読してみると、確か
に「クレイジー」の持つみずみずしい魅力は相変わらず、であるのだが どうし
てどうして「ヤンネ・・・」の切ない魅力も、やはり、まだまだ捨てがたい事に再
び気づく。

 確かに、「ヤンネ・・・」にはおよそみずみずしい感受性などと云うものは無い。
「クレイジー」の特徴が “みずみずしさ” なら、「ヤンネ・・・」のそれは、 “枯渇”
でさえある。にもかかわらず、ずんずん読み進んで行くと、「クレイジー」で感じ
て軍配をあげた、みずみずしさの好印象よりも、「ヤンネ・・・」の、魂と魂の惹か
れ合いとその切なさ、子供から大人へと駆け上がる瞬間の哀しさ、みたいなも
のがひしひしと伝わって来て、ここで私はウ〜ンと唸って、やはり軍配は「ヤン
ネ・・・」の方かな・・・と思ってみたりしてしまう。

 しいて言えば、「ヤンネ・・・」はその見つめるスパンが広く、「クレイジー」は狭
い。それゆえ、もはや若者ではない私には、「ヤンネ・・・」の中に見る人生の哀し
み、切なさについホロッとするのかも知れない。

 そんなこんなで、どちらか一方を1番にする事はできない、私のお気に入り
の2冊である。

 願わくば、感受性ゆたかな少年・少女に是非とも読んでもらいたい作品。
そしてまた、最近感情が少し枯渇しているかな?とお思いの、萬年文学少年・
少女の皆さんにも、是非!

      


ヤンネ、ぼくの友だち      ペーテル・ポール     徳間書店
          Jannne, min Vän         Peter Pohl

     

「クレイジー       ベンヤミン・レーベルト       文藝春秋
         
Crazy          Benjamin Lebert

    これは、もう、感受性のみずみずしい、若さにあふれた作品。(“感性”などと、
   わけのわからない言葉は使わないゾ!) 16歳の男の子の、等身大のお話。
    本国、ドイツでは、ティーンエイジャーに圧倒的人気の、ベストセラーとか。

    わが国でも、17歳の高校生の書いた「インストール」が、そのみずみずしさゆ
   えに注目を浴びたように、若いひとがその等身大の物語を書くと、かくもみずみ
   ずしいか!と、あらためて若さの持つ魅力に気づかされる思いのする作品。

    主人公は、いわゆる “落ちこぼれ”。 とりわけ、数学が弱く、あちこちの学校
   で落第したあげく、アビトゥア(大学入学資格試験、フランスで云えば「バカロレ
   ア」、日本で云えば、チョット違うけれど、「大検」)にパスすべく、ここノイゼーレ
   ン学園にやって来る。男女共学の全寮制の学校。

    本人も、またその他の仲間たちも、皆それぞれに問題を抱えてはいるのだが、
   たいして悩んでいる様には見えない。それどころか、ベニという主人公の目を通
   すとみんな個性的ですらある。悲壮感は無い。つらい体験をして来たはずなのに
   まだ、すれていないのだ。基本的にみんな素直なのである。そこが、すごくいい。

    この、ベニこと、ベンヤミンと、同室のヤーノシュら6人の仲間達との、つかの間
   の友情の話。何としても、この仲間達がかわいい! 16・7の男の子だ。女の子、
   とりわけ女体には大いなる関心がある。「女って、エロイ」と。それでいて、好きな
   女の子のことは、「大切に思っている。」
    舎監の目を盗んで、夜中、女子寮へみんなででかけたりもする。と同時に、「人
   生って、何なんだ?」「何で、オレたち、こんな事やってんだ?」「神様は、オレのこ
   となんか救っちゃあくれねえ。」とあれこれ考えたりもする。

    そして、ついにある時、皆で脱走し、ミュンヘンへ。

                            
                         


    私が、この本の中で、とりわけ好きなのがこのミュンヘンへ向かう列車の中での、
   ベニがヤーノシュに「老人と海」を朗読してやる場面だ。ベニが、父親からもらった
   「老人と海」の文庫本を、指で大事そうに撫でて感触を楽しんでから読むくだりで
   ある。
    ベニは、本を読んで感動するとすぐに泣く。読みながら、涙を流しハナをかんでい
   るとヤーノシュが、「文学っつーのも読んでおきたいから、読んでみてくれ。」と言う。
   ベニは朗読する。すると、いつの間にか他の仲間達みんなも、ベニの朗読にじっと
   耳を傾けている。この下りはとてもいい。16,7歳の男の子(女の子だってそうだ
   ろう)のみずみずしい感受性がひしひしと伝わってきて、感動的な場面だ。どんな
   に“落ちこぼれ”であろうと、いいものには素直に感動する。そこがまた、この子達
   のいいところなのである。

    そもそも、主人公のベニと云う少年は、以前の学校でいじめにあっているのだが、
   いじけている様子は無い。16,7と云う年齢にみられがちな、つっぱったところも
   無い。どちらかと云うと、幼い。背伸びしていない。夜中に女子寮にしのんで行った
   り、ストリップ小屋に行ったりする一方で、お父さん、お母さんをそしてレズのお姉さ
   んを恋しがっている。家に帰りたがっている。家に帰れば、午前中キツイ学校を何と
   かやり過ごせば、午後には「家に帰って笑ったり泣いたり、幸せでいられる」からだ。
   そう云う事を、16になっても肩ひじ張らずに素直に告白している。お酒も本とは苦
   手だ、と正直だ。そこがいい。変に強がったりしない。  
    類は類を呼ぶ。ベニがそう云う素直な性格なので、まわりに集まった仲間達も又
   素直である。ただ、ヤーノシュのような、男気のある親分肌の男の子と同室になっ
   た事は、ベニにとってはラッキーだったと言える。

    とにかく、この6人の仲間達は誰をとっても、皆いい。みんな家庭的に問題があり、
   それぞれ悩みを抱えている。本来なら親たちが彼らをカバーしてやるべきなのだが、
   当の親たちが問題を抱えているから、子供にまで手が回らない。だからこそ、この
   子達には仲間が必要なのだ。

    世の中って、“一人だ!”と思っても、顔をあげてフとまわりを見渡した時、まったく
   の見知らぬ他人がそこに存在している、と云うその事にさえ励まされて、しのいで行
   けるって事もある。だから、みんなめげないで乗り切って行って欲しいな、と思ってし
   まうそんな一品。

 1954年の秋。
燃えるような髪の不思議な少年ヤンネは、突然みんなの前に現れる。
完璧なまでにその聖なる テンシャ を乗りこなして。 8月31日、18時32分。
スウェーデン、ストックホルム、セーデルマルム地区、聖パウロ通り界隈の遊び仲間。
その圧倒的な ニリン さばきでみんなの度肝をぬかし、あっという間に仲間に入り込む
ヤンネ。
 だが、ヤンネの住み家は謎。 どこから来て、どこへ帰っていくのか、誰にもわからない。


 物語は、デカ がヤンネのことを、尋ねにやってきたところから始まる。
「サツ には何もしゃべるなよ。」 とヤンネに言われていたのに、デカの質問に答えなが
ら、ヤンネと過ごした日々を回想して行く主人公クリッレ。 彼の口を通し、過去と現実の
出来事が交錯するなか、ヤンネの正体が次第に明らかになって行く。


 主人公クリッレは、南ラテン学校に通う優等生。
数字が好きで、強迫観念的に統計にとらわれている。 「クリッレ、カタログ年鑑殿!」と
界隈の昔からの遊び仲間に揶揄されながらも毎日彼らと遊んでいる。 いわゆる貧しい
労働者階級の子供達と。 しかし、何時かはこの仲間といる世界とも訣別しなければな
らない、と11〜2歳にしてうすうす感づいている。

 そんな11歳の秋、クリッレは運命的にヤンネと出会う。


 『12歳が魔法のさかいめだってことを、ぼくたちはみんな知っている。大人がなんと
言おうと、子ども時代はそこで終ってしまう。』 
 そう信じて疑わないクリッレも、ヤンネに出会った、たった1年前はただの子供。
自分のことしか見えていない幼い子供。 そんなクリッレが初めて魂の惹かれる相手に
出会った。

 ヤンネ。 燃えるような赤い髪。 そばかすだらけの白い顔。 髪の毛と同じ色のトレパン、
タンジェリーノスを着て ワインレッドのアディダスを履いた不思議な子。
笑うと右の前歯が欠けている。クリッレから見て右の前歯が。


 ヤンネはいくつなのか? どこに住んでいるのか? お父さん、お母さんは?

ヤンネは何も語らない。語らないから、仲間達も尋ねない。子供ながらに、立ち入っては
いけない領域のある事を、本能的に知っている。

 ヤンネには何か大きな秘密がある。

 それを探るような事は、ヤンネとの友情を裏切る事だ。
子供たちは暗黙のうちにそう了解している。


 ヤンネに惹かれてどんどん仲良くなって行くクリッレ。
ある時クリッレの家に遊びに来たヤンネを見て、一瞬のうちにその境遇を悟る クリッレ
のお母さん。 大人にはすぐにわかってしまうようなヤンネの謎も、11歳のクリッレには、
依然として謎なのだ。

 ヤンネが何時でも遊びに来られる口実となるよう、ヤンネが預けていったサイダーを
補給しては、何時までも無くならないようにしていたクリッレのお父さん。 ヤンネが来た
時は必ず、夜食を食べる所だったから と言って、ヤンネにココアとバタつきパンをいっ
ぱい食べさせる、クリッレのお母さん。
 そう云う事も後になってから、解かる。 クリッレはまだ子供の、11歳。


 ヤンネも毎晩のようにクリッレの家にやって来ては、数時間を過ごしていく。
幼いふたつの魂がこうして寄り添う。

 後に、数字好きのクリッレは計算する。
『ヤンネとすごした1年。ヤンネが途中いなくなっていた、新年前後の1ヶ月、僕の誕生
日や復活祭のころの2ヶ月、夏休みの3ヶ月。これを引くと、6ヶ月。半年。半年間、夕
方5時から10時ごろまで、ときには 11時まで、毎晩のように過ごした。毎晩のように
半年間。毎晩6時間ずつとして、ヤンネと1年前に知り合ってからその8分の1の時間を
一緒にすごしたことになる。』


 これでは魂の寄り添わぬわけがない。
『ぼくは胸が痛いほど、無性にヤンネが好きなのを感じていた。』


 そんなクリッレにとっての問題は、大好きなヤンネが時々いなくなってしまう事。

 ようやく4月下旬に現れたヤンネは顔から首すじにかけて青あざだらけ。
疲れきってしばらくクリッレの家で休む程。 詳しいわけは言わない。
そのことで、クリッレは胸を痛める。 ヤンネには暗く大きな秘密がある。
 
 とくにヤンネが3ヶ月も姿を見せなかった1955年の夏、
『ぼくは、ヤンネに会いたくて病気だった。』


 9月になって姿を現わしたヤンネ。
だが、クリッレの目には微妙な変化を伴って 見える。
『ぼくは、なにか変化が生じた事を感じていた。…夏のあいだに何かが起こったのだ。…』
 クリッレがこの夏、ついに大人の世界へと踏み出す瞬間である。
今まで自分のことしか見えなかったクリッレが、少しずつヤンネのことも見えるようになって
行く瞬間。


 だがクリッレは、この段階でも子供時代から完全に抜け切っている訳ではない。
如何せん、12歳に成ったばかりだ。 だから、ヤンネに何か大変なことがあると察知し
たり、ヤンネがそれを隠そうとして嘘を言っていると感じると、心配で心配で苦しくて、泣
いたりする。 そして、「ヤンネの苦しみがあまりにもまじり気のない苦しみで、恐怖と夜の
においを放つ」ものである事を感じると、心配で怖くて 『ぼくは死にそうだ!』と ヤンネに
向かって叫んでしまう。 そんな時、ヤンネはいつもクリッレの元に戻って来て泣き叫んで
いるクリッレを抱きしめてやる。 やせて体も小さいヤンネの方がこの段階ではクリッレよ
りも少し大人なのだ。


 そしてこんなにも魂を寄せ合った二人だから、ヤンネのほうもクリッレに その大きな秘
密を何とか打ち明けようと悩む。 ヤンネにとってもクリッレは、おそらく生まれて初めて、
気を許した大切な友だちだったに違いない。


 1955年秋、ヤンネはクリッレを誘って 山小屋へ自転車旅行に出掛ける。
自分の秘密を見せると云う。 クリッレのお母さんが作ってくれた4人分のバタつきパンを
4日分、サイダーを2本 そして毛布を持って二人は出掛ける。 途中、クリッレの自転車
がパンクしてしまった為、二人はヤンネの自転車に乗って 目的地へ向かう。
 クリッレはヤンネにしがみついて自転車のバランスが崩れないようにと必死でペダルを
こぐ。 変速ギアを自在に操るヤンネ。 猛スピードで走りぬけるヤンネのテンシャ。
 怖さをまぎらわすため、狂ったように 「ル・シャトリエの法則」を唱えるクリッレ。
ふと気がつくとヤンネが上機嫌で歌っている。
 『クリッレのやつは気がふれた。…頭のおかしなクリッレが、ぼくのテンシャに乗っている。
…クリッレのやつは気がふれた。…』

 タールと樅ノ木の匂いがするヤンネ。 後ろでしっかり抱きついて 必死にペダルをこぐ
クリッレは、このときヤンネと一心同体なのを感じる。

 『ぼくは自分が、ヤンネといっしょに、ぼくがしっかりだきしめているヤンネ、ペダルをこぐ
ぼくの両脚にはさまれて狂ったように歌っているヤンネといっしょに、別世界に消えて行く
のを感じていた。』

 
 こうして二人だけで時を過ごし、ヤンネは山小屋でその秘密をクリッレに話そうとする。
だがなかなか切り出せず苦悩する。 そんなヤンネを見ていて、クリッレは恐怖に襲われ
てしまう。
 『ぼくは、黒い裂け目が目の前に広がり、その中に漆黒の闇と、ヤンネを引き戻そうと
する ありとあらゆる悪霊たちがうごめく姿を見る思いだった。…ヤンネ一人でになうには
大きすぎる苦しみ…』
 ついに、クリッレは怖さのあまり無我夢中で叫んでしまう。
 『ぼくは死んじゃうよ! きみがいつまでもそうやって苦しんでると、ぼくは死にそうだ!』


 12歳に成ったばかりの男の子では、これがせいいっぱいだったのだろう。
クリッレがもう少し歳を取って成長していれば、ヤンネを守り その苦しみを少しは肩代わ
りしてやれた事だろうに。 それを思うと、たくましくなって 逆にヤンネを守ってやれる迄
持ちこたえる事無く、突然断ち切られてしまう二人のきずなは、何としても切ない。


 デカがやって来て、ヤンネの身に何かが起きた と感じ始めてクリッレは、ようやく
自己中心の子供時代を脱却し 大人の世界への階段を昇り始める。

そして気づく。
 あの山小屋で、ヤンネが秘密を打ち明けようと悩んでいる時、
『ぼくは死にそうだって叫んでしまって…まさにきみが、ぼくを本当に必要としていた瞬間、
ぼくはきみの心にたどりつくチャンスをふいにしてしまった。 確かに、あのとき、きみは
ぼくの方に手をのばしていたんだ。』 と。

そして思う。
 『あの瞬間まで、ヤンネ、あの瞬間まで、時計の針をもどさなきゃ。』 と。


 1時間前まで子供だったクリッレは、こうして一気に大人の世界へと駆け上がって行く。
ヤンネといた時は、怖いもの、不安な事から目をそらせていた子供のクリッレが、ヤンネ
を失いかけてようやくヤンネを取りまく現実を直視する。
 その事は、ヤンネに語りかける独白のなかに如実にうかがえて、泣かせる。

 そしてクリッレ自身も 自分が、 『つい1時間前まで、子どもだった。』と自覚する
のである。


 遂にクリッレはデカと一緒に、ヤンネとすごしたあの山小屋へ向かう。
そこでクリッレが目にしたものは……。 
 『以前は戸口だったところが、ぽっかりと大きな穴になっていて、前には暗かった
 はずの部分が明るくなっていた。 小屋はほとんど壊れかかっていた。
 …あの明るい部分は、いったいなんだろう。…』

 12歳になったばかりの少年クリッレは、こうして大人の世界の現実を、突然衝撃的
な形でつき付けられてしまう。 その時、クリッレの耳に聞こえたものは……。
 …泣き叫ぶ自分の声…。   (…ムンクの世界… (・・;) )


 1954年秋から55年秋までの、ヤンネといたクリッレの1年。


 これは、青春小説であると同時に、切ない恋愛小説である。
 「初恋小説」、と言うべきか?
 恋愛小説である事は、読めばすぐに解る。
12歳のクリッレにはそれが恋愛だとは、はっきり自覚できていないが、無意識のうちに、
と言うより 本能的に体と心では、恋愛だと解っている。 頭でだけが、そう自覚出来ない
のだ。 あるいは、うすうす感づきながらも はっきり自覚するのを避けているのかも知れ
ない。
 と言っても、それがいわゆる 「アブノーマルな」恋愛だと云うわけではない。
純粋な恋愛 である。

 『ぼくは胸が痛いほど、無性にヤンネが好きなのを感じていた。』
 『ぼくは、ヤンネに会いたくて病気だった。』
 『ぼくは自分が、ヤンネといっしょに、ぼくがしっかりだきしめているヤンネ、ペダルをこぐ
 ぼくの両脚にはさまれて 狂ったように歌っているヤンネ といっしょに、別世界に消えて
 いくのを感じていた。 風が歌声を引きちぎっていっても、ひびきそのものは、まだヤンネ
 とぼくの体の中で共鳴していた。 なぜなら、別世界では、ぼくたちは一心同体だったか
 らだ。 ぼくたちは、体を共有し、そこに、ヤンネの両腕と、ぼくの両脚、ヤンネの両脚、
 ぼくの両腕がつながっていた。そして、ぼくたちは考えを共有していた。 考えはすべて、
 二人でいっしょにうたう歌の中にあったが、つねにヤンネの舌、ヤンネの声帯、ヤンネ
 の胸を通してひびき、つねに樅ノ木とタールのにおいをともなっていた。』

 クリッレのみならずヤンネにとっても、クリッレと出かけた山小屋への 一泊二日の旅行
は、その人生のなかでの 初めての幸福に満ちた素晴らしい出来事だったに違いなく、
それを物語るように、ヤンネは後日、そう、最後にその姿を消してしまう直前に、クリッレ
に こう尋ねている。

 『いっしょに、また山小屋にいけたらと思っているんだ。でも…』

その時、ボールけり遊びで、ボールを蹴る番になったクリッレが そちらに気をとられて
しまう。

 『きみは行きたくないのかい!』 と思わず叫ぶヤンネ。

 ヤンネがこんな風に自分の本当に望んでいる事を口にしたのはこの時だけ。
だからこそ、ヤンネにはクリッレと過ごした山小屋旅行での時間が人生で最も大切な
時だったと言えるのだ。

 実はこの時 ヤンネは、自分がクリッレのために 彼の前から姿を消さざるを得なく
なり、その事を胸に秘めて クリッレに会いに来たのである。 クリッレの前から姿を
消してしまうのが自分の本意ではない事を 何とかクリッレに知らせたいヤンネなのだ
が、ヤンネを取りまく暗い世界はそれを許さない。 ヤンネはかつての遊び仲間の前
で、あたかも、それ以後自分が現れなくなっても それはクリッレとけんかをしたからだ
と みんなに思わせようとする為かのように、クリッレを殴り倒す。 それも、殴られたク
リッレ本人には 全く痛みを感じさせない様な、うその殴り方で。 あっけにとられその
場に倒れているクリッレを残して、ヤンネは行ってしまう。
 クリッレがその訳を知るのは、後になってだ。
 クリッレがヤンネの事を理解するのも、後になってだ。

 幼いながらもぴたりと寄り添ったクリッレとヤンネの魂。
その出会いは、やはり運命的としか言いようが無い。 惹きあうべくして惹きあった
ふたつの魂。 結びつくべくして結びついたふたつの魂。
双子の片割れ。 ベターハーフ。

 『きみが落ちれば、ぼくも落ちる。…ヤンネ、ぼくはこわいんだ。ひどくこわいから、
 目をつぶって落ちていき、この世界から離れた場所で、どこか別の世界で、ぼく
 たちは出会うだろう。 だって、きみはヤンネで、ぼくの友だちなんだ。
  ぼくはきみと、固く結ばれている。…』


 こうして クリッレの子ども時代が終わると同時に クリッレの初恋も終わる。

だが、この本は、それだけでは終らない。 この本の出版者が読書対象としている
小学校高学年にとっては、この本はちょっとした
ミステリーでもあるのだ。
この本の中で語られている事には、なかなか解けない謎が多い。

 そこで、次回は これをミステリーという観点から その謎解きに迫ってみようと
思うのである。 絵などもふんだんに(?)取り入れて、もっと読みやすいページに
するつもりなので、乞う御期待!



戻る     TOP